賢く効率よくお湯を沸かそう|省エネも出来るものを選ぶ

給湯器を賢く活用

リモコン

石油給湯器を活用する際には、ちょっとした工夫をして便利に活用しましょう。石油給湯器は光熱費節約のために活用したい給湯設備ですが、注意しておきたいポイントもあります。特に冬期の場合には水道管の凍結に注意が必要です。

もっと見る

給湯設備の修理

3台の給湯器

給湯器の故障が万が一生じてしまっている場合には、できるだけ本体には手を触れないようにしておきましょう。石油給湯器の場合と、ガス給湯器の場合とで対処法が異なっているため詳しいことは取扱説明書を参考にして故障時の注意事項を確認しておくことが大切です。

もっと見る

省エネタイプ

給湯器

給湯器はお湯を自宅に供給する大切なものですが、自宅が電気またはガスのどちらのエネルギーを多く使っているかで選択することが大切です。また、エネルギー消費が大きいためにできるだけ省エネタイプのものを選ぶとお得になります。

もっと見る

関東圏で効率良く湯沸かし

給湯器

給湯器はどのような一般家庭にも備わっている設備ですが、東京など関東圏一帯は戸建て住宅で活用されるよりも集合住宅で利用されている場合が一般的となっています。東京では集合住宅での生活スタイルが多いため、給湯器を設置するときには台所ではガスの瞬間湯沸かし器を使って、お風呂では石油給湯器を活用した給湯スタイルが一般的です。あるいは石油給湯器のみで台所とお風呂との給湯をまかなっているケースもあります。東京では外気温が比較的下がりにくく、冬期の降雪量も少ないため冬場でも低コストで給湯をまかないやすい地域となっています。ただし設置スペースの都合上、大型給湯器を設置しにくい環境でもあるため、できるだけ一度の給湯で多くのお湯を沸かすように工夫すると光熱費を安く済ませる事ができます。

東京で石油給湯器を使う場合には、一度にできるだけたくさんのお湯を沸かして給湯すると効率良くお湯ができます。理由としては、一度給湯器の熱交換器を温めると、次からは少ない燃料でお湯を沸かし続ける事ができるためです。例えばお風呂を沸かすときには最初に給湯器内の熱交換器を暖めて、次第に水で温度が下がってくると燃料が追加して再び燃焼されるようになっています。こうして高い温度をなるべく一定に保ち、一定の温度で給湯を続ける事ができるのです。こうした理由から「給湯器は冷えている状態から温めるときに多くの燃料を使っている」とも言えます。冷えていない状態を保ち続けておけば、できるだけ少ない燃料でお湯を沸かし続ける事ができるため効率が良いのです。